低めのダブルベッドをお探しの方へ

低めのダブルベッドとは


低めのダブルベッドとは、一般的なダブルベッドの高さよりも低く設計されたベッドのことを指します。このタイプのベッドは、その特殊なデザインから様々な利点を提供します。一般的に、低めのダブルベッドは床からマットレスまでの高さが低く、スタイリッシュな印象を与えることが多いです。また、低い位置にあるため、身体への負担を軽減し、リラックスした睡眠環境を作り出すことが可能です。特に、身体の不調を抱えていたり、高齢者や子供がいる家庭では、通常のベッドよりも安全性が高いと考えられています。しかし、その特性上、収納スペースが限られるというデメリットも存在します。次の章では、この低めのダブルベッドの具体的な特徴について詳しく解説します。そして、その後には、標準的なダブルベッドのサイズと低めのダブルベッドのサイズについて比較し、どのような点で異なるのかをご紹介します。




ロータイプダブルベッドの特徴


ロータイプダブルベッドはその名の通り、一般的なダブルベッドよりも低く設計されているのが特徴です。その低さが生み出すスタイリッシュな雰囲気は、モダンなインテリアにぴったりとマッチします。また、床からの高さが低いため、身体の重心が低くなり、安定感があります。これは特に小さな子供がいる家庭や、高齢者の生活に配慮したい場合に有効な特徴となります。

さらに、ロータイプダブルベッドはその低さからくる開放感を利用した、ユニークなデザインも数多く存在します。例えば、床からの高さを利用してベッド下に収納スペースを設けるデザインや、ベッド周辺に段差を設けて空間を区切るデザインなどがあります。これらのデザインは、限られたスペースを有効活用したい、独特の空間を作り出したいという方にオススメです。

しかし、その一方で、ロータイプダブルベッドは床から近いため、ホコリがつきやすいというデメリットも持ち合わせています。また、立ち上がる際にやや体力が必要になるため、腰や膝に負担を感じる方には不向きかもしれません。これらの点を考慮し、自分のライフスタイルや体調に合わせて選ぶことが大切です。




ダブルベッドの標準サイズと低めのサイズ


ダブルベッドはその名の通り二人用のベッドで、そのサイズや高さは様々です。一般的なダブルベッドの高さは約60cmから70cm程度ですが、低めのダブルベッド、いわゆるロータイプのダブルベッドでは、その高さは大幅に低く、通常30cmから40cm程度となります。その結果、床面とベッドの間のスペースが狭くなり、部屋全体の開放感を演出することが可能になります。

また、ダブルベッドの標準サイズは、幅140cmから160cm、長さ200cmから210cm程度ですが、低めのダブルベッドもそのサイズは同様です。ただし、その低さからくる特性を活かすために、ヘッドボードやフットボードが省略され、シンプルでスタイリッシュなデザインとなることが多く見られます。

低めのダブルベッドは、その独特のデザインと機能性から、モダンなインテリアやミニマリストのライフスタイルを好む人々に特に好まれています。また、低めのダブルベッドは、身体を低い位置で支えることで安定感を提供し、快適な睡眠環境を提供します。さらに、床から近い位置にベッドがあることで、子供やペットがベッドに上がり下りするのが容易になるという利点もあります。




快眠を叶える低めのダブルベッド







コメント

タイトルとURLをコピーしました